スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black People Hate the Movie "Precious"

2010.02.10.Wed.10:43
昨年度アメリカで公開されて話題になり、アカデミー賞候補ともなっている映画「Precious」について。
内容的に、日本で公開されることはないかな・・・と思っていたら、なんとゴールデン・ウィーク前後の公開が決まったそうです。

precious poster3

作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞にノミネートされていると聞けば、やはり見てみたくなるものですが、どうやらこの映画、黒人の間ではかなり評価が低いようです。


一部ネタバレを含むと思いますので、以下は続きの中に書きますね。

一言でいえば、「悲惨で、暗く、希望がなく、黒人に対するステレオタイプに満ちた映画」ということで、とにかく憂鬱になるとのこと。

では、なぜこれほどまで作品として評価されているかというと・・・
英語を読める方はぜひこちらの記事を読んでみてください。

OPINION:Why White People Love “Precious” And Black People Hate It


簡単にまとめると、白人層がこの映画を見たときに

「かわいそうに。まだまだ黒人の社会の中には、この主人公の女の子のような悲惨な状況がたくさんあるのね。助けてあげなくては。」

と同情を誘うようなのです。

一方、黒人側の意見も簡単にまとめますと、

「だいたい、主人公の女の子は極端に太りすぎだろ!こんな肥満ばっかりいると思われたらたまったもんじゃない。しかも、文字も読めず、実の父親の子を身ごもるなんて、不幸極まりない。こんなのが黒人社会の"普通"だと思われるのは、我慢がならない」


ということですね。

私の友達などは、「とにかく見たことを後悔した。翌朝起きたときも、まだ悲しい気持ちで目が覚めたよ。あんな悲惨な目に合うのなら、イラクに行って戦ったほうがまだまし」とまで言っています。

黒人社会への悪いステレオタイプを強調しかねない「不幸連鎖映画」がここまで評価されていることに、黒人達は憤りを感じている様子。

私個人は、「マライア出てるから見てみたいなあ」という単純な動機で興味を持ったのですが、さらっとストーリーを読んだだけで陰鬱な気持ちになり、「見ないほうがいいかもしれない」と気持ちが変わりました。

作品を見ないうちから評価するのもどうかと思いますが、みなさんはどう思われますでしょうか?
関連記事
コメント
映画一本で黒人を見る目が変わるってのはちょっと極論過ぎるのでは・・?
陽気な黒人が出てきて歌って踊ってる映画のほうがステロタイプを増長させるだけのような。。

ヤクザ映画を見て日本はヤクザだらけなんだなと思ったり、誰も知らないを見て日本はネグレクトだらけだなと思われるから嫌だ、って言ってるようなものでしょ?(笑)

まあ自分もどんな映画化は詳しくは知らないし、黒人ではないので普段どんな偏見を受けてるかなんて知らないので言えることかもしれないけど。
★funkshopさん
この映画で印象が変わるということはないと思うけど、上記リンクの記事にも書いてあるように、ブッシュ前大統領夫人(ローラさん)が、「この映画のプレシャスちゃんみたいな子が、どこにでもいるのね」みたいな感想を漏らしたりするから、黒人にしてみれば「いねえよ!」って言いたくなるんだと思うよ。
むしろ、ダンスや音楽の映画が評価されたほうが、彼らとしては嬉しいんじゃないかと。
まあ、とにかく不幸のデパートなんだってさ。そういう極端にかわいそうな黒人の女の子を描いた映画を、黒人じゃなくて白人が異様に評価していることに憤りを感じてるんでしょ。
そんなにかわいそう扱いするなということじゃないかと。
映画自体はよくあるGhetto物語、って感じ。Hood映画はこの20年でたくさん出たけど、女子が主役はあんまりなかったかもね。あたしの周りではこの映画に対して憤りを感じている人はいなかったので、どう思ってるか聞いてみたよ。そしたら映画自体はまぁOK。モニークは素晴らしかった。みたいなのが多かったよ。ストーリー自体には違和感はなかったみたい。でもこれって見てる人の育った環境や年齢層にも関係あるかも。私の周りの女子は30前後の大卒院卒で中流家庭育ちが多いので、そこまで感情移入できないみたい。男子の一人は「出てる人間で話題性はあるだろうけど、Just another ghetto movieで取り立てて特筆すべきところはないね」とバッサリいってた。

私の感想もまぁ同じようなもの。映画としてはちょっと最後尻切れトンボで『…で?』みたいな感じだったよ。つらい状況でもへこたれずに前を向いて歩いていこう!みたいな映画としてはちょっと役不足かな。めぐみちゃんも見たら感想を聞かせて!!
★あやちゃん
よくあるゲットーモノなら、普通はアカデミー賞候補になんてならないじゃない?
ふつう、ローラ・ブッシュさんみたいなお育ちのよい白人がゲットーモノなんて見ないでしょ(笑)。
それが今回こうやって大きく取り上げられたから(出演者や企画者の力だと思うけど)、白人の目にも留まるようになって、賛否両論出てきたんだろうなあと思う。
でも、私は見る気がしないの。
娘二人いるせいか、女の子が父親に孕ませられるとかそういうのが真面目に腹立たしいので、感情移入しすぎちゃうんだよね。本気で悔し泣きしてイヤな気持ちになりそう。映像で見るのは厳しいと思ったので、原作本を注文した。本は読めるかなと思って。
でもこれ製作がタイラーペリーと世界のオプラだからねぇ… そっちの力が大きい気がする。賞とかも。でもモニークは確かにいい演技をしてたよ。マライアもよかったし、ポーラもよかった。レニーは出てるだけで素敵だったです。爆 父親に孕まされてって場面自体は映像では映ってないんだけどさ。最後のモニークの訴えがなんか気持ちわかるけどやりきれなくて後味悪いです。 タイラーペリーの映画の方が最後に救いがあってあたしは好き。まぁクリスチャン映画だからそういう風になってるんだろうけどね。映画の方がはしょってるはずだから、本の方がもっと奥深いかも。
★あやちゃん
おはよ~。タイラーペリーって、私はよく名前を聞くけど、日本での公開作は今回が初めてだよね。オスカーノミネートでますます知名度が上がるだろうなあ。
終わり方が悪いってイヤだよねv-356
アカデミーって、そういう暗い映画が好きだからね。「ミリオンダラーベビー」とかも、めっちゃイヤな気持ちになって終わったよ。
とりあえず、日本公開ってことは日本語DVDも出るだろうから、後で見てみるかなあ。。。でも実は私、「カラーパープル」も見ていないくらい、女性の苦労モノが苦手なのよ。v-388

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。