スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

September

2009.06.07.Sun.09:50
毎年9月に、仙台で行われる「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に向けて、練習を開始しました。
確か、旧ブログで紹介したことのある、Kirk Franklinバージョンの"September"も歌います!

季節的にもピッタリだし、コーラスワークもアレンジも最高だし、以前から歌いたかった曲なので、採用されてとても嬉しいです。

"September" by Kirk Franklin

これがオリジナルのジャケット?いいわ~。
september.jpg

この、バリバリDiscoな曲を、しっかりとゴスペルに仕上げたKirkの才能には、改めて脱帽です。
最近は、Twitterでじゃんじゃんメッセージを送っているようですが、本当に現代の説教師だね。

関連記事
コメント
ブログ復活おめ!

カーク・フランクリンの曲はいつ聴いてもアガリますねー。この"September"を演るってのも、かなりの挑戦だと思いますけど、この楽しい雰囲気をどれだけ再現できるかがカギ!?でしょうかね~。自分も聴きにいきたいです!
★tippeeさん
早速のコメントありがとうございます~。
tippeeさんのブログも、ちょこちょこと覗いてますよ。v-238
あれ、Kirkの曲とか聴くんでしたっけ?
そうそう、この人の曲は、ゴスペルという分野を超えてテンションあがるところが最高です。聴いてもらうというよりは、歌ってる自分達が楽しくなっちゃう曲ばかりだしv-42
私がぜひやりたくてDirectorに聴いてもらったのですが、最初は「なんでKirk Franklin Version?? 原曲を参考にした方がいい」とか言ってたのに、やっぱこのバージョンを聴いてたら再現したくなったみたいですよ(笑)。

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
2007年リリースのアルバム『The Fight Of My Life』に収録。Kirk Franklin(カーク・フランクリン)は、日本でも非常に人気の高いゴスペルシンガー・プロデューサー。ヒップホップ等の要素を積極的にゴスペルに取り入れ、伝統的なスタイルにとらわれることなく、常に新し?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。