スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moon

2009.06.07.Sun.09:31
m_ae592008482e4e5db7bcf00ccdee4a74.jpg

昔から月を眺めるのが大好きでした。特に満月ね。
「朧月」って言うのかな・・・東の方向に、巨大化した満月が見える時期があって、見るたびに圧倒され、感動しています。

また、長らく女をやっていますと、自分の体にリズムがあるというのを感じることが多々あって、たとえば「太りやすい時期」とか、「何もしなくてもスルスルとやせられる時期」とか。
気持ちのバイオリズムもありますよね。
そういう心と体の満ち欠けと、月の満ち欠けって、やっぱり関連あるんだなあ・・・と、改めて思わせてくれたのが、この本。


月の癒し月の癒し
(1997/08)
ヨハンナ パウンガートーマス ポッペ

商品詳細を見る



私たちは、太陽を基準とした「太陽暦」に慣れちゃっていますが、もともとは「太陰暦」だったんですよね。
月の満ち欠けに沿って物事を行ってきた、大昔の人たちの知恵について書いた本。

すべてを覚えて実践するのは難しいけれども、宇宙や自然と自分の体をリンクさせて考えることは、とっても大事だなあと思います。気持ちがとことん落ち込んでしまったり、体調がすぐれなかったり、といったネガティブな時期があっても、それが月の満ち欠けや海の干満とつながった、「自然からのサイン」と考えれば、ちょっとだけ肩が軽くなるような、そんな気がします。

明日の早朝が、満月だそうです。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。