スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Judith Hill on The Voice Season 4

2013.03.27.Wed.13:07
これは速報しなくちゃ!と思い、アップします。

3/25(月)からアメリカでの放送が始まりました、The Voice Season 4。
日本ではたぶん放送されないと思うので、今回もオンラインで見て追っていきます。

ブラインド・オーディション1日目の目玉は、何と言ってもこの人。
Judith Hill(ジュディス・ヒル)です。マイケル・ジャクソンのThis is Itを見た方なら、覚えてますよね?

Judith_Hill_14.jpg

マイケル最後のコンサートでバックアップシンガーに抜擢され、"I Just Can't Stop Loving You"をデュエットした、アジア系女性です。
(お母様が日本人・お父様がブラックのようですね。)
マイケルの葬儀でも、"Heal the World"をリードで歌うという大役を果たしました。

この女性が、なんとザ・ヴォイスに登場!
もちろん、歌は最高にうまくてスタンディング・オベーション!
クリスティーナ・アギレラの"What A Girl Wants"をソウルフルに歌い上げ、第一声でアダムとアッシャーがボタンを押してます。



番組では、オーディションの前に彼女のキャリアや家族の紹介もしていました。
コーチは、彼女がマイケルとデュエットした女性って気づいたのかな? アッシャーはマイケルの葬儀にも参加していたかもしれないけど、どうでしょう?
コーチ4人全員が振り向き争奪戦となりましたが、ジュディスはアダムを選びました。

同じく「This is It」に出演して一躍有名になったギタリストのオリアンティは、早速アルバムをリリースしたり来日もしていましたが、ジュディスの場合はそこまでの展開ではなかったのでしょうか。The Voice出演を機に成功したいと語っています。

まだ始まったばかりで、これからもいろんな人が出てくるとは思いますが、とりあえず、ジュディス・ヒルは応援していきたいです。何と言っても、日本人の血を引いた人ですから!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。