スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Five Heartbeats

2013.03.15.Fri.22:57
1991年にアメリカで公開された映画「ザ・ファイブ・ハートビート」。
60年代のバンドの成功から解散までを描いたドラマです。
最近知ったので、リージョン1のDVDを入手して英語字幕にて鑑賞。
日本では未公開かな?

protectedimage.jpg


音楽映画だから期待して見たけど、残念ながら「ドリームガールズ」や「レイ」ほどの華やかな印象はありません。
役者本人が歌ってないせいもありますね。
特典映像にあるけど、歌のシーンはプロの歌手による吹替え。
最近の映画やドラマでは、演じる役者さんに歌のうまい人を起用して、実際にその人の声で歌うのが主流だから、どうしてもそこで冷めてしまう部分はあります。

でも、マイケル・ライトのリアルな演技にはひきつけられました。
山田詠美原作を映画化した「ベッドタイムアイズ」にスプーン役で出てた人。
クスリとアルコールをやってダメダメになってる男が似合いすぎ。やさぐれ感が半端ない。本当にいっちゃってる感じです(笑)。

アメリカではけっこう人気のある映画らしいですね~。
んー、リアルタイムで見てたらもうちょっと好きになれたかも。
音楽であんまり盛り上がれなかったので、映画自体は3点くらいの評価。でも、マイケル・ライトの演技に5点満点。相応のファンがいるのは彼の存在のおかげだと思います。

ロバート・タウンゼントは、絶対に年を取った今の方が素敵(笑)。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。