スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Week with Marilyn

2012.03.28.Wed.12:39
本年度のアカデミー賞にノミネートされた『マリリン7日間の恋』を観に行ってきました。

My_Week_with_Marilyn_J_Psoter.jpg

マリリンを演じたミッシェル・ウィリアムズのソックリぶりが話題ですが、本当に綺麗で可愛かった。
ただ綺麗なだけではなくて、マリリン・モンローの持つ繊細さを見事に演じていて、主演女優賞ノミネートも納得でした。

いつもながら、あまり事前情報を入れないで観に行ったのですが、思ったよりもずーっと素敵な映画。

マリリンに共感できた・・・と言ったら、「お前のどこがマリリンだよ!」と怒られてしまうかもしれませんが、彼女の持つ脆さとか孤独感にすごく切なくなってしまいました。

Marilyn_b_1-300x224.jpg

最初はただの我がまま女優に思えますが、彼女が、完璧に役を理解して見事に演じ切ったときは、誰もが心を奪われるほどの、『輝き』に満ちていたようです。
だからこそ、何十年経っても、伝説のアイコンとして語り継がれているのでしょうね。

つかの間、彼女の心を癒すことができたのが、結婚したばかりの夫(アーサー・ミラー)でもなく、映画監督(ローレンス・オリヴィエ)でもなく、当時助監督だった青年(コリン・クラーク:この映画の原作者)だったそうです。

何となく、わかるような気がする。
コリンの持つ純粋さと温かさが、マリリンの繊細さとピッタリ結びついたんだよね。
でも、そういう人と、ずーっと一緒にはいられない立場であることもわかっていて。

コリン・クラーク氏は、マリリンとの思い出を、50年間も胸にしまっていたそうです。
それだけでも、すごく切ないよね?

マリリンとコリン、両方の気持ちになってしまって、最後は涙、涙でした。
泣く予定ではなかったんだけどな・・・(^^;)。

いい映画でした。

このときに撮影されたという「王子と踊り子」、見てみたいなと思いました。
マリリンの映画って、実は見たことなかったのですが、急に興味が沸いちゃった。
中学から高校にかけて、ヴィヴィアン・リーにハマって、伝記なども読んだりしていたのですが。
たまに、昔の名画を見るのもいいよね。

王子と踊り子 [DVD]王子と踊り子 [DVD]
(2009/07/22)
ローレンス・オリヴィエ、マリリン・モンロー 他

商品詳細を見る

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。