スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Had a Crush on Cee Lo Green

2012.02.17.Fri.12:59
ちょうどバレンタインデーのあたりから、頭の中がCee Lo Greenだらけになりました(笑)。

リアリティショウ「The Voice」の審査員・コーチとしての彼が異様に素敵で、あっという間に大ファンに。。。

Cee_Lo_Green_The_Voice_2011-199x300.jpg


You Tubeでインタビューや過去のPVなどを見まくり、目がハートの状態が続いております。

一昨年に「Fuck You」を大ヒットさせた人だということは知っていましたが、その他の知識はほとんどなく・・・Super Bowlでマドンナと共演してるのを見たときも、「ふーん」くらいだったのですが。

その10日後には、まるで雷が落ちるように恋してしまったわ(笑)。

何が好きって、まずは見た目。
だいぶ前に、Chubby brotherが好きだという話はしたと思うんですけど。体型が究極に丸くて好き。
ピカピカのShaved Headも好き。

cee-lo-green-closeup.jpg


あの悪趣味な衣裳も、インタビューを見てみると「Elton Johnへのオマージュ」などといった理由付けもあり、エンターテイナーとしてキャラを作ってるのだということがわかりました。

あとは、話し方ですね。
The Voiceでの他の審査員との会話を聞いてると、でしゃばるわけでもなく、すごくCalmでソフトなんですよ。
それでいて、さりげなく自己主張はあり、またいろんな種類の音楽に対してオープンで、みんなに優しい感じ。

綺麗な女性コンテスタントが出てきたときに、単純に嬉しそうにニヤニヤするところも、Ladies Manっぽくてエロくて好きだし。
それと個人的に、たまにちょっと聞こえるサザンアクセント(アトランタ出身)が可愛いのよね~。南部の男が好きな私としては、そこもツボでございます。

それと最後に歌声と音楽です。
もともと、こういう高い声はそんなに好きではないのですが、「The Lady Killer」に入っているクラシックでソウルフルなサウンドにピタリと合って、とってもスムーズ。
ガッツなソウルを歌うシャウターとはまた違った魅力でした。

「Fuck You」のソングライトは、これまた超才能溢れるBruno Marsですが、なんと言ってもこの曲は、Fuck Youというタイトルとは違ったかわいらしい「歌詞」と、懐かしめのサウンドと、そしてとっても素敵な女性バンド。
このライブ映像はSo Smoothで特に大好きです。



同じアルバムから、「I Want You」という曲もヘビロテ中でございます。
ライブで歌っても、CDでも、あまり差がないのがいいですね。
サラリとした感じで。




この1週間で下の3枚のアルバムを買いました。

Lady Killer (International Edition)Lady Killer (International Edition)
(2010/11/09)
Cee Lo Green

商品詳細を見る


Cee-Lo Green & His Perfect ImperfectionsCee-Lo Green & His Perfect Imperfections
(2002/04/23)
Cee-Lo

商品詳細を見る


Dirty South ClassicsDirty South Classics
(2003/12/11)
Goodie Mob

商品詳細を見る


Goodie Mobについては、これから聴きこみます。

ちょうど今年、再結成アルバムが出るそうで。
快進撃な彼から目が離せません。ああ、なんて可愛いんだろう(笑)。

スポンサーサイト

Whitney Houston & CeCe Winans "Bridge Over Troubled Water"

2012.02.12.Sun.21:35
ホイットニー・ヒューストンが急死しました。
残念です。

たくさんのヒット曲がありますが、敢えて個人的に大好きな「明日に架ける橋」のビデオを載せたいと思います。

一緒に歌っているCeCe Winansは、ホイットニーの大親友で、娘(ボビークリスティーナちゃん)のゴッドマザーでもあります。
ゴスペル歌手のCeCeと歌っているときのホイットニーは、相乗効果ですごく輝いていると思います。



CeCeとの共演では、「ため息つかせて」のサントラで歌っていたCount On Meもすごく良かった。
信頼し合ってる感じが伝わってきました。

それと・・・みんなが「ホイットニー凋落の原因」としている元夫のBobby Brownですけれども。
私は二人の大ファンでしたので、好きなカップルだったんですよね。
薬物を一緒にやっていると聞いてからも、嫌いになることはできず・・・。

今でも、週に1度はこの曲を聴いています。



ボビーのカッコいいことと言ったら!
ホイットニーじゃなくても惚れちゃうわ。

ホイットニーの訃報を聞いたボビーは、ちょうどNew Editionのステージの日で、泣き崩れたと聞きました。

マドンナが若き日のショーン・ペンを愛したように、ホイットニーも、別れてからもボビーのことがいちばん好きだったのではないかと、勝手に思っています。

Rest In Peace。どうか安らかに。



The Voice Season 2

2012.02.11.Sat.14:14
**動画のリンクが切れていたので、張りなおして再度アップしました。(また切れちゃうかもしれないけど。:笑)

やばい!!

下の記事でジャーメイン・ポールが出演中とご紹介した番組、The Voiceですが、他の人のオーディションも一通りこちらで見てみたら、みんな上手い!

審査員同士のやり取りも面白い!全員が売れっ子で実力派の現役歌手だしね~。
4人一緒に歌ってるビデオもあったけど、ああ、やっぱ全員歌手っていいなと思いました。

The Voice Judges

それと、この番組の特徴は、2人以上の審査員を振り向かせたコンテスタントが、『自分で審査員・コーチを選べる』ところ。
受身じゃないのがいいよね。

昨日のリンクでは途中までだったけど、審査員を選ぶところまで入ってるJermaine Paulのビデオもありました。



The Voice Jermaine

もうすでにプロだけあって、審査員に対する質問もかなりイケイケな印象だね(笑)。


あと、イチオシはこの人、Jesse Campbell
審査員4人全員がボタン押してて、最後にはスタンディング・オベーション。感激の歌いっぷりです。

Jesse Campbell "A Song for You"

Jessie.jpg

控えめでジャーメインと正反対な印象(笑)。
キャラ的にはジャーメインの強気なのが男っぽくて好きですが、歌は本当に素敵(4回も見ちゃった!)なので、どこまで行くか注目ですね。

アメリカン・アイドルを最初に見たときの興奮が蘇ってきました。
この番組、楽しみです!!

「愛する人に」

2012.02.10.Fri.15:49
愛する人に。愛する人に。
(2009/06)
石井 ゆかり

商品詳細を見る


またしても、ゆかり姉さんに泣かされました。

恋をしたことのある人、愛に悩んだことのある人ならきっと、みんな共感できることがある、とても素敵な本。

嫉妬や独占欲などの醜い感情も、何も否定しない。
愛する人の死や、失恋の痛みや、不倫の苦しみも。

「わかる、わかる」って言ってもらえます。

そういう、人の内側にある弱さや情けなさが露呈してしまうのが、恋や愛というものであると、教えられます。

もともと、カッコいいものでもなく、理にかなったものでもなく、「努力すれば報われる」ものでもない。
愛情だけは、なんというかとっても「いびつ」なものであると。

その上で、どう考えたら少しラクになるか・・・という、ヒントがたくさん詰まった本。

本当に、人の心に寄り添うことのできる人だなあと、改めて大ファンになりました。

彼女の職業は、「占星術師」を超えてますね。エッセイストであり、心理学者であり。

悩みすぎて自分が嫌いになりそうになったら、これを読んで、たくさん泣いて、また元気になりましょう。


Jermaine Paul in "The Voice"

2012.02.07.Tue.16:23
Alicia Keysのバックボーカリストとしてパワフルな声を聞かせてくれているJermaine Paulが、USのNBCチャンネルのオーディション番組「The Voice」に出演しているようです。

Jermaine.jpg

昨年から始まったリアリティ・ショウで、今回がシーズン2。
審査員兼コーチの4人がそれぞれにチームを作って、勝者を選んでいくスタイルみたい。

ちなみにコーチは
Cee Lo Green、マルーン5のボーカルAdam LavineChristina Aguilera、カントリーシンガーのBlake Sheltonという面子。なかなか豪華です。

The Voice

アメリカン・アイドルなどと違って、最初からある程度レベルの高い人が集まってる印象。
こっちでも放送して欲しいけど、難しいかな。

公式サイトにもビデオは置いていますが、日本からは見れないようです。
You Tubeのジャーメイン出演シーンはこちら(埋め込みできませんでした)。

相変わらずのガッツな歌いっぷりが素敵。
このまま勝ち進んでくれたら、ジャーメインの知名度も上がっていって、ソロとして成功することも可能だと思うし、頑張って欲しいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。