スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paula Abdul "Dance Like There's No Tomorrow"

2008.03.17.Mon.20:43
昨日とおとといのアメリカン・アイドル。
もちろんトップ24の歌と結果発表も面白かったけど、やっぱ話題はこれかなあと(笑)。

AIの審査員になって7年目。とうとう我らが(?)ポーラの新曲プロモーションビデオが出ました。
この曲はRandy Jacksonのソロアルバム収録曲らしいですが、ポーラ自身も今年の夏には久々にアルバムが出るそうで。

Paula Abdul "Dance Like There's No Tomorrow"


なぜか、ベースを弾いてるランディがわざとらしくて笑っちゃった。
こっちが本職なのに、とってつけたように見えるのはなぜ?(笑)


Randy Jackson's Music Club, Vol. 1Randy Jackson's Music Club, Vol. 1
(2008/03/11)
Randy Jackson

商品詳細を見る


詳細を見てもらえればわかるけど、けっこうなメンツが参加してますねー。
顔が広いのは確かでしょう。
個人的に注目なのは、やっぱこの曲。


Elliott Yamin and Katharine McPhee "Real Love"


けっこういいかも!!
スポンサーサイト

Soul of a Man

2008.03.14.Fri.12:06
以前、「パリス・テキサス」という映画が大好き!!!と旧ブログに書いたことがあります。
なんと言っても、ライ・クーダーのスライドギターが激シブでカッコ良かったのですが、この映画を監督したヴィム・ベンダースさんは、ブルースの大ファンだったそうで、こんな映画を撮っていたんですね~。

ソウル・オブ・マンソウル・オブ・マン
(2005/03/04)
スキップ・ジェイムス、J.B.ルノアー 他

商品詳細を見る


The Blues Movie Projectというブルースイベント(2004年)の一環で撮られた、7本のロードムービーの1本だそうです。

正直、ブルースには全く詳しくないのですが、好奇心で見てみたら、凄く引き込まれてしまいました。1930年代から60年代に活躍した伝説のブルースマン3人(Blind Willie Johnson、Skip James、J.B. Lenoir)に焦点を当ててるんですが、みんな素敵だったなあ。。。

ギター1本のシンプルな演奏スタイルだけど、その分『歌詞』がすごい意味を持つ。当時の人々の生活と密着してるから説得力もあるし。それと、独特の「間合い」が何とも良いよね。






続きを読む "Soul of a Man"

The Jackson 5ive Cartoon

2008.03.13.Thu.13:33
子供向けチャンネルも侮れません。
たまに、ディズニー・チャンネル等にUSの大物歌手が登場したりするのは、みなさんご存知だと思いますが、今回はカートゥーン・ネットワーク

ハイ!ハイ!パフィ・アミユミ」なんかも放送されている、アニメチャンネルです。日本モノとは違った単純な作りの絵も、慣れてくるとなかなかスタイリッシュで可愛いと思う今日この頃。

今月ビックリした番組が、「それいけ!ジャクソン5」。
jackson5cartoon.jpg

私も全く知らなかったんだけど、1971~1973年にアメリカで放送されたアニメだそうです。先週の日曜日、次女がいつもカートゥーン・ネットワークを見ているので、なにげに流していたのですけど、Jackson 5のデビューのいきさつが、音楽などとともに紹介されてて、思わず家事の手が止まりました(笑)。 普通にダイアナ・ロスも出てるし!珍しく吹き替えではなく、字幕だったのも良かった。

こんな雰囲気です。小さいマイケルが可愛いでしょー?
(残念ながら、当時のジャクソン5は人気者過ぎてスケジュールが合わず、声の出演などは全くなかったそうです。音楽のみが使われています。)

Jackson 5 cartoon - I Want You Back


他にも、You Tubeにいくつかあったので、お時間あったら覗いてみてください。

エピソード10(ダイアナ・ロスが出てくるよ。)
エピソード11(Going back to Indianaの演奏あり)

American Idol Season7 Top 24

2008.03.10.Mon.15:27
ひとこと。

今年のAIは凄い。

昨年の反省から成り立っているのかわかんないけど、とにかく実力者揃い
キャラじゃなくて、みんなものすごく歌が巧い。聴いてて楽しい。

top24.jpg


グループ審査をなくしたのも、正解だよね。
人間ドラマよりも、音楽の才能があるかどうかを見たかったし!

というわけで。これまで見てなかった人も、ぜひ。
今年は素晴らしいオーディションになると期待してます。

What's up Shawty??

2008.03.07.Fri.12:54
昨年から今年にかけて、オンラインで知り合ったアメリカ人のほとんどが、なぜか南部出身だった。ノースカロライナ、ジョージア、ルイジアナ、テキサス辺り(あれ、テキサスって厳密には南部じゃないかな?西部?南西部?:笑)。ただの偶然かもしれないけど、私としては「南部には何かある」と思えて仕方がないのです。

route-61-south.jpg


前のエントリーに登場した熊五郎(aka big teddy bear)もニューオリンズ出身なのでサウスな人なんだけど、彼に教えてもらった挨拶が、今日の日記のタイトル「What's up Shawty??」。
訳すほどの言葉でもないけど、女の子に向かって「ベイビー、元気かい?」と言ってるような感じ。

オンライン辞書にはこう載ってる。

shawty
【名】
〈米黒人俗〉かわいこちゃん◆【語源】同じ意味の shorty のつづりが変化したもの


ご縁がある割りには、いわゆるサウスの音楽には疎い私。
どうも、スカスカしたミニマムな音作りに馴染めないのかも。でもそろそろ、食わず嫌いもしていられないだろう・・・・と、せっかくなので「Shawty」を使った曲ってどれだけあるか調べてみた(暇人)。

iTunes Music Storeで検索したら、約150曲も出てきた。
その中の上位5位をピックアップ。


続きを読む "What's up Shawty??"

Gospel Excitement

2008.03.03.Mon.19:08
今までブログではそんなに触れていなかったけど、ゴスペル・サークルでの活動は地道に続けています。うちの場合、ザ・ゴスペルという雰囲気の曲は少なくて、ソウルやスタンダードソングのアレンジ曲が多いんだけどね。でも、先週始めたばかりの新曲は、まさに神様賛辞のゴスペル。

けど、これがすごくいい。クリスチャンじゃなくても、気持ちが高揚してくるような歌です。

Kurt Carr and Singers "In the Sanctuary"


歌詞は単純なんだけど、後半、『転調に続く転調』で、どんどん音が上がってくるところなんか、凄いでしょ。

これを耳コピしながら、メゾの音はこの辺りかな?と探しつつ、ディレクターとメンバーが一緒にアレンジして曲を作っていくのが、基本的なうちのやり方。楽譜もないし。規則もないし。セッションって感じで面白いです。


話題変わって。
最近、本当に新譜から離れていたけど、マライアは買わなくちゃね。

E=MC?E=MC?
(2008/04/09)
マライア・キャリー

商品詳細を見る


それと、shioさんから教えてもらったMint ConditionのNew Albumも気になる。EWFのカバー曲を聴いてからというもの、ボーカルのストークリーの声の大ファンになってしまいました。

大好きなライブ映像↓ バンドもボーカルも素敵すぎ。

Mint Condition "Breakin' My Heart" live


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。